ヒト幹細胞とヒト幹細胞培養上清液の違いを徹底解説

再生医療やアンチエイジングという言葉がメジャーになってきた近年ですが、今、美容業界で話題になり注目されている「ヒト幹細胞」はご存知でしょうか? 一般的に、「幹細胞(再生医療PORTAL参照)」そのものは病気やケガなどの再生医療と言われている治療に使用され、幹細胞培養上清液はアンチエイジング目的の治療や化粧品に使用されることが多い現状です。 こう記載があると、「幹細胞」の方が「幹細胞培養上清液」より良いのではないか?と思われる方も多いのですが、実はそうではないんです。 こちらのふたつの違いを、医療者目線で解説していきます。

ヒト幹細胞とは

ヒト幹細胞培養上清液とは

ヒト幹細胞培養液とヒト幹細胞培養上清液の違い

幹細胞培養上清液の種類

期待できる効果とは

ヒト幹細胞とは

幹細胞とは生き物において幹となる細胞のことを言います。木の幹から様々な枝葉に分かれて育つように、生物の体の臓器、組織を形づくるいろいろな機能細胞(血液細胞や筋肉細胞や神経細胞など) を作り出すことができる細胞のことです。幹細胞は、自己複製能(何度でも分裂して自分自身と同じものを作り出す能力)と多文化能(自分とは違う様々な機能細胞になる)のふたつの能力を持っています。 幹細胞が新しい細胞を生むことにより、私たちの身体は成長することができています。ですが、その細胞も年齢を重ねるごとに老化をしていきます。「老化する=幹細胞の減少」なので、見た目などとも連動し変化していっているのです。

ヒト幹細胞培養上清液とは

ヒト幹細胞培養上清液とは、幹細胞を培養する過程で精製される「上澄み液」のことです。大学での研究でも上澄み液にサイトカイン(成長因子)が大量に存在することが証明されています。 培養液から細胞を取り除くため、細胞自体は含まれないので上澄み液はどんな人にも使用できると言われています。幹細胞と、幹細胞培養上清液は全くの別物なのです。

ヒト幹細胞培養液とヒト幹細胞培養上清液の違い

ヒト幹細胞培養液 ヒト幹細胞培養上清液
幹細胞を培養するための液体 幹細胞が培養された際に分泌された液体
幹細胞は入っていない 幹細胞は入っていない
培養に必要な養分を含有 500種類以上のサイトカインを含有

幹細胞培養上清液の種類

培養上清液のなかには歯髄由来、脂肪由来、臍帯血由来、胎盤由来、毛根由来など、複数のヒト幹細胞培養上清液が存在します。 多くの研究結果によると、歯髄由来のヒト幹細胞(ヒト幹細胞培養上清液)が最も機能的に優れていることが報告されており、有効性の面でも安全性の面でも歯髄由来のヒト幹細胞から抽出された成分のものがおすすめであるといわれています。 ですが、まだまだ全てが解明されているものではないため、由来先により、効果効能が変わるのではと言われてもいます。ご自身の望む効能で選んでみるのも良いかもしれません。 さらに、ヒト幹細胞関連の製品には、日本国内で生産されているものや海外のものなどがありますが、海外製のものは細胞ドナーなどが不明である場合が多く、国産のもので安全性が明確に記載されているものを選ぶことをお勧めします。

期待できる効果とは

幹細胞培養上清液には、大きく分けて4つの生物学的な効果があると言われています。

1.炎症を抑える機能
2.炎症で傷ついた細胞を保護する機能
3.体内の幹細胞を必要な場所に誘導する機能
4.新たな血管を作る機能

幹細胞培養上清液に含まれる成長因子(生理活性物質)の働きにより、細胞の活性化や組織の再生促進、血流改善などの効果が期待できます。 またスマートクリニック銀座で使用している歯髄由来のヒト幹細胞培養上清液には、以下のようなサイトカインが含まれており、エイジングにも特化していると言われています。

HGF

組織の再生に関わることにより、肌再生を活性化。ターンオーバーを促しハリツヤ感の向上、肌質改善などが期待できる。

TIMP

血管新生の調節、細胞蔵相の促進をすることにより、新たな細胞が増え自身のコラーゲンの活性を促し肌質改善が期待できる。

VEGF

血管新生することで、創傷の回復が早くなる。徐々に弱くなってくる肌の修復力が向上し、ターンオーバーを促すことが可能。発毛・育毛効果、シワの防止や改善が期待される。

TGF-β

コラーゲンのような結合組織の合成・増殖を促進。抗炎症性作用があり、敏感肌に適しており、肌質改善が期待できる。老化も防ぐと言われている。

FGF

皮膚、粘膜などの成長と再生、修復を行い新しい細胞の生成を促進する。ターンオーバーを促し、色素沈着やくすみ、シミなどの予防が期待できる。

IGF

新しい皮膚を再生し、コラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸の生成を促す。ハリと弾力回復、シワの予防、改善が期待できる

 

まとめ

ヒト幹細胞とヒト幹細胞培養上清液の違いはわかりましたか? 漢字が多いので難しく見えますが、大まかには「良い効果が多くあるもの」と「良い効果がより多くあり少し安価なもの」の違いであり、ヒト幹細胞培養上清液は今注目されている液剤です。 また、化粧品にも使われていることが増えてきたので、手軽に取り入れることができるようになってきました。 選ぶ時のポイントとして、化粧品の中に含まれている培養上清液の成分が何パーセントなのか、どのような培養上清液なのかなどを見るようにしましょう。

当院で行えるエクソソーム治療

スマートクリニック銀座では、サイトカインとエクソソーム含有の幹細胞培養上清液を使用した治療を行っています。

①エクソソーム点滴(高濃度ファクター9)
当院では、国内のGMPに準拠した細胞加工センターと提携し、独自に開発したエクソソーム(幹細胞培養上清液)を「高濃度ファクター9」と命名し、点滴に使用します。

②AGA治療(メソガン)
極細の針を使用し、頭皮内部にエクソソーム(幹細胞培養上清液)を直接注入していきます。休眠状態の毛根細胞に働きかけ、発毛・育毛を促すとともに、健全な毛周期を取り戻し、ハリ・コシ・ツヤのある若々しい毛髪へと導きます。

WEBでのご予約はこちら

公式LINEでのご相談・お問い合わせはこちら