メディカルダイエット

【オゼンピックまたはリベルサス】
【オゼンピックまたはリベルサス】

【こんなお悩みの方に】
食欲を落ち着かせたい。
会食が多い方。

GLP-1は、人の小腸から分泌されるホルモンの1つです。
誰でも体内に持つホルモンであり、血糖値を安定させるインスリンの分泌を促します。 食欲を抑えたり、基礎代謝を上げたり、脂肪を分解させやすくするなど、肥満治療(ダイエット)に有効であり注目されています。

GLP-1の作用を利用するものはオゼンピック(自己注射)またはリベルサス(内服薬)がございますので、お客様のニーズに合わせてご提案させて頂きます。

 
【ジャディアンス】
【ジャディアンス】

【こんなお悩みの方に】
好きなものを食べながら痩せたい方、
運動や食事制限はしたくない方。

ジャディアンスはSGLT2阻害薬という薬剤で、取り過ぎた糖を尿として排泄することで血液中の糖(血糖)を減らす薬剤です。
血液中の糖は、腎臓で濾された後、尿細管という器官から再吸収されますが、その再吸収を阻害することで糖を尿と共に排出します。カロリー換算すると、約200kcal~300kcalに相当する糖が排出されることになり、体重減少効果が期待できます。

 
【防風通聖散】
【防風通聖散】

【こんなお悩みの方に】
脂肪がおちにくい、
運動や食事制限はしたくない、
西洋薬の内服に抵抗のある方。

防風通聖散には18種類の生薬が含まれるており、皮下脂肪が多く便秘がちな方の肥満症の改善に効果のある漢方です。
代謝を促進させ脂肪の分解・燃焼に作用し、ダイエット効果が期待できます。

※現在出荷調整中です。

【オルリファスト】

【ゼニカル】

【こんなお悩みの方に】 会食が多い、 脂肪がおちにくい、 食事制限はしたくない方。

食事中に含まれる脂質や脂肪分の約30%を消化されることなく体内・内臓を通過させ、便として体外に排出することができます。脂質の摂取量が多い場合には、効果を発揮しやすいお薬です。 服用して1~2日程度で、油が便として排出されます。

※ゼニカルは「食事中に含まれる脂質や脂肪分」に対してアプローチをしてくれますが、すでに体内に蓄積されている脂肪には効果がありません。脂質の摂取を抑えることで、蓄積されている脂肪が燃焼しやすくなることは考えられます。すでに蓄積された脂肪へ積極的にアプローチをしたい場合は、ゼニガルの服用に加えて食事内容の見直しや運動を取り入れることをお勧めしています。

自費診療になります。
医師の診察のもと、上記薬剤を処方しております。

使用中に起こりうる副作用とリスク

  • 胃腸障害(嘔吐、吐き気、下痢、胸やけ)※1
  • 低血糖 ※2
  • めまい
  • 味覚異常
  • 消化不良
  • 糖尿病網膜症
※1胃腸障害は、内服を継続すると副作用が軽くなる可能性があります。副作用の発現リスクを抑えるために、徐々に投与量を増やす方法を用いられるのが一般的です。 。
※2リベルサスの服用によりまれに低血糖に陥る可能性があります。ただし、血糖値の上昇に応じて数値を低下させる薬なので、必要以上に血糖値を下げてしまう可能性は高くありません。 服用当初は意識障害が起きやすいので、最も少ない容量から服用をはじめます。
上記の他にもリスクがあるケースがあるので、リベルサスの副作用に不安がある方は一度医師にご相談ください。
重篤な副作用重篤な副作用は「低血糖」「急性膵炎」です。
低血糖は副作用として挙げられます。
また、膵臓にはたらきかける薬であるため、膵臓に過度な負担がかかった結果、急性膵炎を起こしてしまう可能性もあります。そのため、過去に膵炎を患った経験がある方は事前に医師へ相談してください。
お問い合わせ先